ブランクが気になる薬剤師の研修手段

「子育てが終わってそろそろもう一度薬剤師の資格を活かした仕事をしたい」しかし実際子育てが終わった40代50代の女性の方は昔取った杵柄でもう一度資格を活かした再就職をしたいという人もいることでしょう。しかし一度ブランクを経験している人は新しい就職先を見つけるのは圧倒的に不利という現実が待ち受けています。

 

ここ数年でもたくさんの新薬が出されており、薬剤の扱い方に関する法改正も行なわれています。また仕事の方法も全く変化しており、昔はデータをすべて紙に書いて管理していたものですが、いまではすべてパソコン入力、パソコンの取り扱い方と入力方法の知識が薬剤師の知識とも言える時代になってきました。ですから以前の薬剤師としての経験はほとんど役に立たないものと思うほうが現実的でしょう。実際病院や製薬会社などではブランクがある薬剤師が転職や再就職を行なうことは不可能です。

 

しかし調剤薬局やドラッグストアなどにはまだまだブランクがあっても薬剤師の資格を持った人が必要とされています。しかし薬剤師としてのブランクはどうやって埋められるのでしょうか?

 

研修認定薬剤師制度というのを聞いたことがおありでしょうか?研修はインターネットで受けることができ一つの研修を終えると1つシールがもらえます。40シール集めると研修認定薬剤師としての資格を取得できるというものです。この資格を持っているとブランクをある程度埋めたとみなされるでしょう。

 

しかし実際に再就職後必要となることは現場で勉強するのが一番です。ドラッグストアなどで実際に必要なのはお客さんの観点に立ったアドバイスであり、同時に品だしや検品などスーパーの店員と同じ仕事を覚えるほうが重要です。ブランク後就職できさえすれば後は現場でどうにか学んでいくという考え方のほうが必要かもしれません。

エムスリーキャリア


エムスリーキャリアに登録

公式ホームページへ