エムスリーキャリアで育児休暇が取れる就職先を探す

日本の法律では基本的に育児休暇(産休)を与えることが義務づけられています。しかし実態はと言うと薬剤師という世界において育児休暇をとることは難しいと言うのが現状です。通常薬剤師は同じ職場に多数在籍しておらず、少人数で回しているために代わりがきかないからです。

 

「育児休暇を取りたいのですけど」と言うと、会社はこの機会に退職していただき新しい薬剤師を雇いたいと思うことでしょう。育児休暇を理由に退職するように直接言うことはできないのでやんわりと退職するようほのめかしてきます。では実際に子供を作り育児休暇を取る予定がある場合はどうしたいいのでしょうか?

 

3つの方法を紹介します。

 

理解のある会社に早めに転職する

医療機関専門の転職エージェントであるエムスリーキャリアなどに相談すれば、育児休暇(産休)に理解のある会社が探せます。理解があるとは具体的に言うと、薬剤師が産休を取ったという実績のある職場ということになります。
薬剤師業界にはまだまだ育児休暇というのは浸透していないのですが、中には薬剤師が多数在籍している職場で、融通を利かせてもらえる職場もあります。実際に子供ができる前にそうした職場に転職し、信頼を築いて育児休暇を取るというのが一番スムーズな方法でしょう。

 

職種を変える

上記のとおり薬剤師という仕事柄育児休暇は取りにくいので、育児休暇が取れる職種に思い切って転職するのも一つの手です。

 

退職する

現実の話、理解のある会社を探すのも難しいのであれば、いったん退職するのが実際的な方法です。産後しばらくして働けるようになってからも薬剤師という資格はドラッグストアなどでもいつでも必要とされているので再就職はそのとき考えるのも手です。

エムスリーキャリア


エムスリーキャリアに登録

公式ホームページへ